スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

リニア中間駅 相模原市緑区、甲府市大津町、飯田市上郷飯沼、中津川市千旦林 付近の4カ所に

1: 中年'sリフト(WiMAX) 2013/09/18(水) 11:38:48.24 ID:nyzfQbYY0 BE:15466548-PLT(12001) ポイント特典
 JR東海は18日、2027年の開業を目指す東京(品川)-名古屋間のリニア中央新幹線に
ついて、詳細な走行ルートや中間駅の位置を公表した。相模原市緑区のJR橋本駅付近、
甲府市大津町付近、長野県飯田市上郷飯沼付近、岐阜県中津川市千旦林付近の4カ所で、
相模原は地下駅、残る3カ所は地上駅とする。路線距離は286キロで、全体の86%に当たる
246キロが地下やトンネルとなる。

 中間駅の具体的な場所が固まったことで、国鉄時代の1973年の基本計画決定から40年を
経て、リニア新幹線は開業に向けて前進する。(2013/09/18-11:14)

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201309/2013091800258

続きを読む »

スポンサーサイト

2013/09/19 01:00 | 地域COMMENT(0)

東京五輪でアキバ大浄化の波が来る!?

1: yomiφ ★ 2013/09/12(木) 14:16:58.41 ID:???
no title

 東京五輪の開催が決定し、日本じゅうが興奮と歓喜の声に包まれている。
一方で、よく言われてるのが大会期間中のさまざまな規制だ。テロなどの警備対策はもちろん、
外国人に“見られたくない”ものは、期間中、一掃される。

 2002年の日韓ワールドカップ開催時、都内の繁華街で風俗店の大規模摘発が行なわれたように、
今回も2020年を前に都内有数のソープ街・吉原や新宿・歌舞伎町などで風俗店や
それに類するいかがわしい店舗の大規模摘発が予測される。
一部メディアでは、今回の開催決定を受け、すでに「大規模摘発で都心の風俗壊滅」と報じ始めている。

 しかし、「“本丸”は歌舞伎町や吉原ではない」と証言するのはある大手版元の漫画誌編集者だ。

「ズバリ、秋葉原の大浄化があるでしょう。日本最大の電気街には、期間中、多くの選手団や
観光客がショッピングにやってくる。しかし、児童ポルノを連想させるアニメや漫画、ゲーム、
各種グッズが平然と並んでいますよね。成人コミックを売る店では、裸の児童が描かれた
ポップやポスターで溢れています。ヒドイ店では、未成年の女児の体つきをした
裸のラブドールが堂々と道路に面したショーケースに展示してあった。
これは海外、とくに欧米の観光客や選手団に見られたら日本はもう終わりです。
間違いなく、これらは警視庁が黙っていない。国会でも児童ポルノ法案の改定が議論されており、
アニメ・漫画・CGなど二次元の規制に関しては慎重論もあり賛否両論ですが、
五輪開催決定を受け、一気に『二次元も対象』という方向に流れると思います」

 ほかにも秋葉原には未成年が働くメイド喫茶や、JKリフレなどもあるが、これらも“十把一絡げ”に
摘発されてなくなるだろう。欧米人から見れば、こうした日本の特殊なサービスは理解され辛く、
「児童の人身売買」と誤解される可能性があるからだ。

「大規模摘発を免れたとしても、外国人にわからないように“隠蔽”を要請されることは間違いない。
成人コミックやゲーム、アダルトDVDショップ、アダルトグッズを売る店は、一切の宣伝行為が
禁止され、看板やポスターの掲示ができないようになるでしょうね。これで済んだら、
まだラッキーと言えるかもしれませんが……」(前出の編集者)

 7年後、秋葉原の街はどのように変化しているのだろうか……。 

http://nikkan-spa.jp/506227

続きを読む »

2013/09/18 19:00 | 地域COMMENT(0)

たった数年で急速過疎化、滋賀県最大級のショッピングモール『ピリエ守山』

1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/09/12(木) 12:14:47.79 ID:???
2008年、滋賀県最大級の商業施設として開業初日は5万人の来場を記録するなど
大盛況をしていたショッピングモール「ピリエ守山」だが、わずか5年でとんでもなく
過疎化してしまったとして話題となっていた。

活気にあふれたオープン当初は約200近くのテナントが出店していた。ところが現在、
その多くのテナントが次々と撤退し、現在はわずか12店舗のみとなっており、入居率は
わずか6%という状態だ。

この映像は今年3月24日に撮影されたもの。日曜の14時だというのに人があまりおらず
閑散としている。

http://youtu.be/ZO-jJTZLpZQ



ピリエ守山は、かつて「びわ湖わんわん王国」およびその駐車場があった跡地に開業した当時
県内最大規模の大型ショッピングモールだ。2008年8月20日に正規オープン。当初は大変な
にぎわいを見せ、イメージキャラクターとして「ゲンゴくん」、「アユちゃん」、「ナズマ
船長」など琵琶湖に住む生物を模したキャラクターが存在し、休日を中心に館内をパレード
していた。

●盛っていたころのピリエ守山
no title no title no title
ところが、オープンから2ヶ月後の11月26日にイオンモール草津が開業し、県内最大規模の座は
僅か2ヶ月で奪われることとなる。

ピリエ守山は「大和システム」が開発し、運営管理していたが、開業以降景気の悪化やイオン
モール草津など、他の大型商業施設との競合に苦戦し、経営難に陥る。大和システムの破たんを
うけ、ピリエ守山は、2012年1月、三重県の地場企業「kodo.cc(コードードットシーシー)」
に売却されたが、その後も衰退の一途をたどり、入居テナント数は、売却された2012年1月時点で
約80店舗、2013年2月時点で約60店舗、2013年9月時点では12店舗(ATMコーナーを含めると
14店舗)にまで減少を続けている。

現在のピリエ守山の店内の様子は訪れた人たちが、次々とツイッターやブログなどに公開している。

●画像
no title no title no title no title


このまま廃墟化してしまうのだろうか?と心配されているわけだが、暗いニュースだけではない。
年内にも、大型ホームセンターの「アヤハディオ」とスーパーマーケットの「ハッピーテラダ」が
ピエリ守山に大型テナントを出店することが決定しているそうだ。これで過疎化に歯止めがかかる
といいのだが・・・

というかもういっそ、アメリカのデトロイトみたいに、ここで大型ゾンビテーマパークとか
作っちゃえばいいのに。っていうか作ってほしいです。ゾンビと鬼ごっことかしたいです。
ご検討よろしくマイロード。

◎ピエリ守山 http://pieri.sc/

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52139864.html

続きを読む »

2013/09/17 22:00 | 地域COMMENT(0)

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。