スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

医者に成るまでにかかる費用 6800万円、大学入学後16年で元が取れ 最終黒字は3億近く

1: 膝靭帯固め(庭) 2013/09/16(月) 20:54:36.71 ID:t5PgpOLx0 BE:2109650257-PLT(12001) ポイント特典
医師免許の取得にかかる直接費用は、学費が350万円(国立)か、2000-5000万円(私立)か、
どちらかだ。防衛医科大学校や自治医科大学は特殊だから扱わない。

学力による選抜が、事実上ない底辺私大の学費として、5000万円を採用して、高卒から就職
までの逸失所得がヘルパーの年間賃金300万円とすると、医師免許取得には、6800万円の
費用が必要になる。

この法人におけるヘルパーと医師との年間賃金の差は900万円であり、8年あれば、医師免許
取得費用は回収可能である。

つまり、もっとも学費の高い私立医学部に行った場合ですら、大学入学後16年で元が取れるのだ。
その後は、毎年900万円ずつの超過利益となる。定年は65歳なので、初期研修終了後、39年
働くとして、2億8300万円の黒字となる。6800万円(金利含まず)の投資に対する収益は
900万円/年なので、投資収益率は13.2%だ。

この試算は、きわめて控えめなものであり、国公立を出た場合、もっと高賃金の施設で働いた
場合、定年を延長してもらうか、他施設に移った場合は、さらに黒字幅は大きくなり、収益率
は向上する。国公立を卒業するなら、生涯賃金の黒字幅は3億2950万円、投資収益率は41%に
達する。
このように試算してみると、「金さえあったら、国公立を目指して多浪などせず、私大でも
いいからさっさと入るべき」ということになる。また、私大学費は、まだ上げる余地があり、
むしろ安すぎるとも考えられる。
世間的に、「医師は高所得だが、資格取得費用が莫大だからバランスが取れている」という
話があるが、そんなことはなく、圧倒的に儲かるのだ。

*求人の賃金は、政府統計の賃金水準より低いという指摘があったが、最新の雇用状況は、
 新規採用時の条件に反映される。また、医療職には、年功賃金の要素はほとんどない。
 1年目も10年目も同じだ。役職に就かないなら、採用時の賃金が定年まで続く。

http://agora-web.jp/archives/1557889.html

続きを読む »

スポンサーサイト

2013/09/17 21:30 | 職業COMMENT(0)

ITエンジニア「この業界は持っても35歳でリタイア」

1: カーフブランディング(茸) 2013/09/16(月) 18:19:46.47 ID:pNNUJffU0 BE:1339392454-BRZ(10072)
昨年5月の「コンプガチャ」の自粛で潮目が変わる。ゲーム大手各社は当初、収益には
大きな影響を与えないとしていたが、結局、大手が軒並み収益を大きく下げた。
その結果、「ゲーム会社が無茶苦茶な人材確保をできなくなった」(前出の採用担当者)。
実際、この採用担当者は、
「今年の春の新卒から、ようやく、理想に近い採用ができるようになってきた」と語る。

 今まで“辛酸”をなめさせられてきたソーシャルゲーム以外のIT企業。「クラウド対応、
その後には、ビッグデータ解析と、優秀な人材は喉から手が出るほど欲しい」(同)状況のため、
新卒採用に熱がこもる。加えて、ソーシャルゲームの採用の勢いが緩くなった
“追い風”のなかでは、とても、オールドエコノミー中心の経団連の言う指針など
守れる余裕はない、と鼻息も荒くなるのは、ある意味、当然かもしれない。

 ただ、IT業界は仕事が厳しいのも確か。給料はいいが、エンジニアは長時間労働を
余儀なくされる。体力も精神力も持たず、
「長くて35歳でリタイヤ」(あるITエンジニア)ということが、昔からよく言われている。

 結局、採用指針が変わっても、学生にとって厳しい社会の現実に大きな変化はなさそうだ。
http://www.zaikei.co.jp/article/20130916/151577.html

5: ジャーマンスープレックス(やわらか銀行) 2013/09/16(月) 18:22:14.85 ID:gC0AQ9uu0
35過ぎた人はどこ行っちゃうん?

9: テキサスクローバーホールド(北海道) 2013/09/16(月) 18:23:52.43 ID:mE6MQ0Ki0
>>5
あの世

続きを読む »

2013/09/16 22:00 | 職業COMMENT(0)

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。