スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

リニア 品川の地下40メートルに「東京都ターミナル駅」建設へ

1: 中年'sリフト(WiMAX) 2013/09/18(水) 11:45:40.25 ID:nyzfQbYY0 BE:23199168-PLT(12001) ポイント特典
JR東海は18日、東京・品川―名古屋を最速約40分で結ぶリニア中央新幹線の
ターミナル駅について、「東京都ターミナル駅」(仮称、東京都品川区)は地下約40メートルに、
「名古屋市ターミナル駅」(名古屋市中村区)は地下約30メートルにつくることを明らかにした。

 環境影響評価(アセスメント)準備書で、286キロの詳細なルートと具体的な駅の場所を
示した。

 「東京都ターミナル駅」は東海道新幹線の品川駅直下につくる。JR東日本の山手線や横浜、
羽田空港につながる京浜急行の品川駅と、20分以内で乗り換えできるようにする。

http://www.asahi.com/business/update/0918/NGY201309180001.html
http://www.asahi.com/business/gallery_e/view_photo.html?business-pg/0918/NGY201309180003.jpg
http://www.asahi.com/business/gallery_e/view_photo.html?business-pg/0918/NGY201309180004.jpg

続きを読む »

スポンサーサイト

2013/09/18 21:00 | 科学技術COMMENT(0)

NASAのロケットと共に打ち上がる“カエル”を偶然激写

1: バックドロップ(東日本) 2013/09/16(月) 14:52:23.18 ID:Xn5xGLNW0 BE:1741314479-PLT(12000) ポイント特典
ロケットと共に打ち上がるカエル、NASAが偶然撮影

no title

no title



【9月16日 AFP】米バージニア(Virginia)州ワロップス島(Wallops Island)のワロップス飛行施設
(Wallops Flight Facility)から6日に打ち上げられた無人月探査機「LADEE」を撮影した写真に、空中に舞い上がるカエルが写り込み話題になっている。

 米航空宇宙局(NASA)の写真チームは12日、これが本物のカエルであることを確認したと発表。
この後、カエルがどうなったのかは不明だ。(c)AFP

ロケットと共に打ち上がるカエル、NASAが偶然撮影 国際ニュース : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2968433/11340522

9: スパイダージャーマン(茸) 2013/09/16(月) 14:56:38.03 ID:sSfrMGbs0
シュールすぐるWwwwwwwwwwwwwwwww

14: ラダームーンサルト(愛知県) 2013/09/16(月) 14:57:42.59 ID:8YDQEBv70
神がかったポージングだな

続きを読む »

2013/09/16 20:00 | 科学技術COMMENT(0)

NHKの超高感度4Kカメラが宇宙へ!~アイソン彗星を若田飛行士がISSから撮影

1: ● ◆SWAKITIxxM @すわきちφφ ★ 2013/08/01(木) 20:42:01.72 ID:??? BE:862885038-2BP(1056)
世界初!超高感度4Kカメラ宇宙へ!!
~巨大彗星アイソン撮影に挑戦 8月4日打ち上げ、12月放送予定~

平成25年8月1日
NHK
宇宙航空研究開発機構

 NHKと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で、準備を進めてきた宇宙用の超高感度4Kカメラシステムが、
いよいよ国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられますのでお知らせいたします。
 このカメラは、8月4日(日)午前4時48分(予定)、種子島宇宙センターからH-IIBロケットで打ち上げられる
補給機“こうのとり”4号機(HTV4)に搭載されて、国際宇宙ステーションに届けられます。
 この超高感度4Kカメラが狙うのは、12月に地球に接近する“アイソン彗星”。
昨年9月に発見された新たな彗星です。
初めて太陽の間近まで近づくため、大量のチリとガスを吹き出し巨大な“尾”をたなびかせる、
世紀の大彗星になると期待されています。
 彗星が接近する今年12月には、JAXAの若田光一宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに滞在しています。
若田飛行士がこの超高感度4Kカメラを使って彗星を撮影します。
“大気の揺らぎ”のない宇宙は、いわば「観測の特等席」。
地上からは決して見ることができない最高の映像を、最先端のカメラでお届けします。

 今回のように、国際宇宙ステーションに4Kカメラを持ち込み、撮影するのは世界初の試みです。
NHKとJAXAではこれまでも、世界最先端の撮影機材の打ち上げ、国際宇宙ステーションからの撮影に取り組み、
2006年には世界初のハイビジョン生中継、2011年にはハイビジョン超高感度カメラによる流星や
オーロラなどの撮影に成功しています(『宇宙の渚』シリーズとして放送しました)。
今回、宇宙という遥か遠い世界の魅力をより鮮やかに記録するため、世界に先駆けて新たな一歩に挑戦します。

 撮影した彗星の映像は、12月、「NHKスペシャル」などの番組で紹介する予定です。
番組の詳細は決まりしだいご案内いたします。
アメリカ東海岸のきらびやかな夜景の上に輝く巨大彗星、といった息をのむ映像の数々をお届けできるはずです。


<今回撮影に用いるカメラについて>
 4Kという、現行のハイビジョンの4倍の画素数を擁する高解像度カメラで、
さらに従来機の8倍を超える超高感度化はじめ彗星撮影のために特別な改造がなされた物です。
JAXAがこれまでに国際宇宙ステーション「きぼう」の開発・運用で蓄積した宇宙搭載化技術や
有人宇宙安全技術によって、従来よりも大幅に短い期間で改修や試験を行うことができたため、
今回の最先端カメラによる国際宇宙ステーションからの撮影が実現しました。


放送・放送技術についてのお問い合わせ:NHK広報局広報部
Tel.03-5455-2435 Fax.03-3465-5009 (担当:石井)
打ち上げについてのお問い合わせ:宇宙航空研究開発機構 広報部
〒101-8008 東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティB1
Tel. 050-3362-4374 Fax.03-3258-5051

JAXAプレスリリース
http://www.jaxa.jp/press/2013/08/20130801_4kcamera_j.html

続きを読む »

2013/09/16 02:30 | 科学技術COMMENT(0)

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。